トップページ >  あなたのシミはどのタイプ >  シミの種類

美白のスタートはシミの種類を知ることから

比較 老人性色素斑 肝斑(かんぱん) 炎症性色素沈着 雀卵斑(じゃくらんはん・そばかす)
部位
できやすい場所
特徴 シミの中で一番多いもの。一般的なシミはこのタイプ。紫外線に当たるとできてしまう。頬骨の高いや頬にできやすい。初期は薄いシミだが放置すると次第に濃くなってしまう。30代になるとできやすくなる。 目の下から頬骨の部分に大きなもやもやとした薄いシミのような物ができる。左右対称の事が多い。額や鼻の下にできることもある。妊娠中・更年期・ピル服用時にできやすい。 ニキビや傷,むだ毛を抜い時,虫さされなどの刺激で炎症が起きてしまい、そのあとが茶色くシミになり残ってしまったもの。 鼻や頬のあたりにできる小さなシミ。一般的にはソバカスと呼ばれている。白人や色白の人に多く見られる。遺伝的な影響が大きい。
原因
紫外線・エイジング 女性ホルモンの乱れ ニキビや傷などの炎症 遺伝
治療方法
シミをなくすには
初期の薄いものは美白化粧品が効果的。長年放置し濃くなったものはレーザー治療が必要。 美白化粧品が効果的。レーザー治療は向いていない。 美白化粧品が効果的。中でもピーリングは有効。 レーザー治療で消すことができる。美白化粧品はほとんど効果なし
予防
もうシミを作らない
美白化粧品でのケアーが効果的。シミを確実に減らせる。 妊娠や更年期などホルモンバランスが乱れる時期に美白化粧品を使用するのが効果的 肌に刺激になることは避ける。できてしまっても美白化粧品でなくすことが可能 遺伝なので予防するのは難しい

その他のシミ

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
老人性色素斑を何年も放置しているとしだいに皮膚の表面が盛り上がってきていぼのようになることがあります。このタイプを脂漏性角化症と呼びます。できてしまったらレーザー治療や液体窒素を使った凍結療法が効果的です。脂漏性角化症を防ぐには日頃からUVケアーと美白化粧品の使用が大切です。
花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
強い紫外線に当たったときにできてしまう小さな花びらのような形をしたシミです。海などで日焼けしたあとに肩や背中にできてしまいます。

の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。