トップページ >  あなたのシミはどのタイプ >  老人性色素斑

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑は、早い人で20代後半からでき始める濃い茶褐色のシミのこと。顔や手の甲、背中など、日光を受けやすい場所に多くできます。形はまるいものが多く、大きさはそばかすのような小さなものから数センチのものまでさまざま。一般的に女性が一番悩んでいるのがこのタイプのシミ=老人性色素斑です。

老人性色素斑ができてしまう原因は

人間には皮膚の表面を覆う表皮がありますが、その表皮が日光にさらされ多くの紫外線を受けたことが大きな原因です。紫外線を受けるとメラニンが発生しますが、通常は表皮細胞が生まれ変わるサイクルと共に排出されます。しかしそのサイクルに乱れが生じうまく排出されなかった結果、色素沈着がおこりシミになります。

老人性色素斑ができやすい場所と見かけは?!

顔や背中、手の甲や腕の外側にできやすく、顔の中でも頬骨など高いところに多く見られます。日光が原因のシミですので、日に当たりやすい場所と言えます。形は丸く1mmから2mm程度のそばかす状のものから、数cmのものまでさまざま。はじめは薄茶色ですが、徐々に濃い茶褐色に変化する場合もあります

老人性色素斑を消す方法は

まだ小さく薄いものは、美白化粧品でのスキンケアが有効です。最近の美白化粧品は効果的なものが多いので、できてしまったシミも初期のものなら消してくれます!シミに効く有効成分は、ハイドロキノンが有名。ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶことがポイントです。老人性色素斑の場合、まだ肌の奥底にシミが隠れていることが多いので、日ごろからの美白化粧品でのケアがとても大切になってきます。



大きなものや、出来てしまってからずいぶんと時間が経ったものは、スキンケアでは無理なことも。その場合はクリニックでのレーザー治療が一般的。クリニックによってレーザーの種類や値段も違うので、事前に確認することが大切。レーザーは少なからず皮膚にダメージを与えます。また痛みもあり安易な使用はあまりお勧めできません。まずは美白化粧品を数ヶ月試してみましょう。美白化粧品を3ヶ月〜半年試してもシミが薄くなってこなければ、そのシミはレーザーでなければ消えません。この段階でレーザー治療を検討するのが現実的です。



老人性色素斑がある人はまだ表面には出てきていない隠れシミが必ず肌の中に隠れています。隠れシミ対策をしないと、今あるシミが消えたとしても次から次へと肌の中からシミが湧き出てきます(>_<)。隠れシミ対策ができるのは美白化粧品以外にありません。つまり老人性色素斑がひとつでもある人は、これ以上シミを増やさない意味でも必ず美白化粧品を使ったケアーが必要です。

老人性色素斑を予防する方法

老人性色素斑の色素沈着のシミの場合は、大きな原因は日光にさらされたための紫外線がほとんど。そのため、まずは日に当たらないことが大切です。長袖の着用や、日焼け止めクリームを塗ることからはじめましょう。家の中でも紫外線は多く入ってきますので、室内にいても日焼け止めは必須。雨の日や曇りの日も同じ。また季節が冬だからといっても、紫外線は降り注いでいます。1年中の使用を心掛けましょう。また、美白化粧品でのスキンケアも大切です。シミ予備軍が増えるのを予防しましょう。

悩み・目的で選ぶ

ディセンシア 敏感肌でも安心して使える・美白なのに保湿力が高いと人気急上昇中なのがディセンシアのサエルです。 肌への優しさと美白効果を両立しました。
2012年上半期BESTヒットコスメに選ばれたので「あ!知っている」って人もおおいのでは!? 使用後でも30日以内なら返品可能!これなら安心して試せますね♪

今一番人気の美白コスメ ディセンシア サエル

人気ランキング

今、一番口コミで評価されている美白コスメは!?

シミ取り・シミ予防

シミ取り・シミ予防効果の高いコスメが欲しい!

ニキビ跡

いやなニキビ跡に効果的な美白コスメ


の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。