トップページ >  あなたのシミはどのタイプ >  肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

肝斑は30代から40代くらいの年齢の女性に多く見られる薄い茶色のシミのこと。日本人はもちろん、アジア人に特に多いと言われています。老人性色素斑の点状のシミとは違い、目の下からほほのあたりにかけて茶色いシミが広範囲に広がります。紫外線はもちろんのこと、女性ホルモンが大きく関係しているシミです。広がっているようなシミの形が肝臓といていることから、肝斑という名前が付けられたと言われています。

肝斑ができてしまう原因は

紫外線を浴びメラニンが増えるせいで悪化することも原因のひとつですが、主な原因に女性ホルモンの変化があげられています。そのため30代から40代の女性に多く見られるシミです。また、ゴシゴシ洗いなどの肌への刺激や、ストレスとの関連性も原因ではないかと言われています。

肝斑ができやすい場所と見かけは?!

頬骨、おでこ、下あご、鼻の下あたりに多く見られ、そのほとんどが左右対称に発生します。また広範囲に地図のように広がり、あまり境界のないのっぺりとしたシミ。季節や整理周期などによって、色が濃くなったり薄くなったり変化します。

肝斑を消す方法は

肝斑を消すにはハイドロキノンやリノール酸、アルブチンが配合された美白化粧品が効果的です。飲み薬では、トラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEなど美白成分の飲み薬を処方されることが多いです。またケミカルピーリングなど治療も効果があるといわれています。

一般的なシミ治療に効果があるとされるレーザー治療やフォトフェイシャルは、肝斑にはほとんど効果がありません。シミ用レーザーは紫外線や加齢が原因のシミには効果的ですが、肝斑治療に使用すると悪化する可能性もあるので安易な使用はせず医師と治療方法の相談を。

肝斑を予防する方法

肝斑の予防は日頃から美白化粧品でのケアーが有効です。肝斑は女性ホルモンが大きく影響していると言われていますので、規則正しい生活や食事、またはストレスのない生活を目指し、ホルモンバランスを整えておきましょう。皮膚への刺激も原因のひとつですので、ゴシゴシ洗顔は避け、たっぷりと泡立てた泡で優しく。顔をさわるクセのある人も気をつけて。もちろん紫外線も大敵。こまめに日焼け止めを塗ったり、外出時には幅広防止などで、紫外線カットを。室内にいても紫外線は降り注ぎますので、外出しない日でも日焼け止めは塗りましょう。また、目への紫外線もダメージへとつながります。サングラスの着用も効果的です。


の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。