トップページ >  あなたのシミはどのタイプ >  花弁状色素斑

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

花弁状色素斑は強い紫外線を浴び続けたことが原因で背中や胸・腕にできるシミ。日焼けをした後すぐには現れずに、数か月後や数年後に目立つようになります。胸元、背中、腕などにソバカスのような小さなシミがたくさん散らばったようにできます。花びらが開いたような形をしていることから、このような名前が付けられました。

花弁状色素斑ができてしまう原因は

きちんとしたUVカット対策をせず、長時間強い紫外線を浴びたことが大きな原因です。肌質にもよりますが、日焼けをすると肌が赤くなってしまう人に多いと言われています。日焼けといっても火傷と同じであり、サンバーンという、毛細血管が炎症を起こしたような状態になります。

花弁状色素斑ができやすい場所と見かけは?!

多くみられるのは、肩、背中、腕、胸元や腹部です。顔は普段から紫外線を浴び慣れていることもあり、そこまで多くはないと言われています。通常衣服で隠れている部分ですが、海水浴など、肌を出す機会が多いことがきっかけに。花びらが咲いたようなシミやソバカスようなものが広い範囲に広がります。シミとの境界線ははっきりしており、薄い茶色や黒っぽいものまでさまざまです。

花弁状色素斑を消す方法は

シミがまだ出来たてで肌の浅い部分にあるうちは、美白化粧品が効果的です。ハイドロキノンやリノール酸、ビタミンCやアルブチンなど、美白成分がたっぷり入った化粧品でケアを。また塗り薬やケミカルピーリングなどの治療法もあります。ですが皮膚の深いところまで傷ついてしまったものは美白化粧品での効果はほぼ期待できません。そのような場合はレーザー治療が一般的です。フラッシュレーザーなど、レーザーにも数種類のものがありますので、自分に合った治療法を担当医師と相談することが大切です。

花弁状色素斑を予防する方法

ますはUV対策をきちんとすること。強い日差しを浴び続けないことが大切です。日常生活では、通常の日焼け止めクリームを塗り、海水浴などのバカンスでは、UVカット加工された衣服を羽織るとか、肌を出す時は、レジャー用の強力な日焼け止めクリームを塗るなどの工夫を。また、シミ予備軍を発生させないために、美白化粧品でのスキンケアを日頃から取り入れることもオススメです。もしもうっかり日焼けしてしまった時は、しばらく肌を冷やすなどの応急処置も必要です。


の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。