トップページ >  あなたのシミはどのタイプ >  雀卵斑

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑は一般的にはそばかすと呼ばれているもので小さく薄い数ミリ程度の茶色のシミのことです。顔や胸元,背中や腕などに多く日光を受けやすい場所にも現れやすくなります。早ければ3歳から5歳頃から現れはじめ、思春期が一番多くなり、年をとるにつれ少し薄くなります。また、左右対称に表れることも特徴的。通常のシミと違い、遺伝的要素も含むと考えられています。

雀卵斑ができてしまう原因は

一番の大きな原因は染色体の遺伝です。白人などの皮膚の薄い人が多く現れやすいですが、日本人はもちろんアジア人にも見かけます。遺伝的にメラニンが過剰に作られてしまう体質で、家族にも雀卵斑の人がいる場合も。紫外線の影響も受けさらに悪化してしまう場合があるので日焼け対策は必須。

雀卵斑ができやすい場所と見かけは?!

通常のシミのように円形のものばかりではなく、楕円形や四角、三角など形はさまざま。薄い茶色のこのシミは大きくはならず、小さなものがたくさん散らばったように現れます。顔では頬や鼻などに左右対称にできることが多い。また胸元や肩、背中、腕、脚などにもでき、発生場所はさまざまです。

雀卵斑を消す方法は

メラニンの過剰発生によってできることは他のシミと同じです。しかし、紫外線よりも遺伝的原因が大きくシミに良く効くと言われている美白成分入りのスキンケア化粧品はあまり効果がありません。そのため、雀卵斑治療にはレーザー治療やフォトフェイシャル治療を行うことが多いです。レーザーは雀卵斑の程度によっていくつかの種類があるため、どのようなレーザーを使用するかを担当医師と良く話し合う必要があります。またフォトフェイシャルはレーザーよりも効果は落ちますが、肌に穏やかに作用するといった利点もあります。レーザーよりも広範囲に照射することができる点も便利です。

雀卵斑を予防する方法

雀卵斑は、紫外線が原因のシミと違い遺伝的要素がとても大きいため予防するといったことがとても難しいと言えます。ですが紫外線は肌を傷める原因になり、またできている雀卵斑をますます悪化させる可能性もあるため、日焼け止めUVクリームな日傘などで日光を遮るなどの予防策は必要になります。


の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。