トップページ >  美白成分で選ぶ >  ハイドロキノン

ハイドロキノン配合の美白コスメを選ぶときに押さえるべきポイントは2つです。

ハイドロキノンの濃度が2%以下
2%以上になると刺激も強く肌に負担がかかりすぎてしまいます。 安心して使えるのは2%までです。
ビタミンAが同時に配合されている
ビタミンAにはハイドロキノンの効果を高める 働きがあり、 さらにビタミンA自体にも肌の生まれ変わりを助ける効果があります。 しっとりと安定した素肌へ!

ハイドロキノン配合の人気美白コスメはこれ!

アンプルール
肌への刺激を徹底的に少なくした「新安定型ハイドロキノン」配合 皮膚科でシミの治療に処方されるハイドロキノンを安定化させて配合しました。 その他、シミを押さえ込むビタミンCを2種類,美白効果の高いアルブチン配合。皮膚科医が開発したスキンケアです。

ビーグレン 美白
副作用の心配がないハイドロキノン2%配合。 国際特許の浸透技術でハイドロキノンをナノ化。 肌の奥まで浸透しメラニンに直接働きかけます。 90日間の使用でメラニンが81%も減少しています! ハイドロキノンの働きを高めるビタミンA,シミを抑制するビタミンC配合。

詳細はコチラ ビーグレン 美白

究極の美白成分 ハイドロキノンの効果は!?

肌が白い女性 ハイドロキノンは皮膚科でシミを除去するために使われる薬に配合されるほど シミ取り効果が高い成分です。究極の美白成分とも呼ばれています。


ハイドロキノンにはメラニン色素が生成されるのを抑制する効果と メラニン細胞を生み出す細胞自体を減少させる効果がありシミの原因となる メラニンに強力に働きかけます。 また、ハイドロキノンはビタミンAと併用するシミ取り効果が高まるという 性質があるため化粧品を選ぶ際には、ハイドロキノンとビタミンAが配合 されているタイプを選ぶとより効果的です。


大変効果的なハイドロキノンなのですが、刺激も強い成分で 高濃度のものは皮膚科医の指導のもと使用しないと思わぬ肌トラブルに つながりかねません。アメリカではハイドロキノンの濃度が2%以上の ものは皮膚科医のもとで 処方されていることから、日常的に家庭で使用する美白化粧品に配合されている ハイドロキノンは2%までが目安になります。


それ以上の濃度のものは効果が出るのも早いのですが、 刺激も強く肌トラブルの原因になりかねません。

悩み・目的で選ぶ

ディセンシア 敏感肌でも安心して使える・美白なのに保湿力が高いと人気急上昇中なのがディセンシアのサエルです。 肌への優しさと美白効果を両立しました。
2012年上半期BESTヒットコスメに選ばれたので「あ!知っている」って人もおおいのでは!? 使用後でも30日以内なら返品可能!これなら安心して試せますね♪

今一番人気の美白コスメ ディセンシア サエル

人気ランキング

今、一番口コミで評価されている美白コスメは!?

シミ取り・シミ予防

シミ取り・シミ予防効果の高いコスメが欲しい!

ニキビ跡

いやなニキビ跡に効果的な美白コスメ


の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

究極の美白成分と言われるハイドロキノン配合の化粧品・コスメの口コミや体験談を掲載中。ハイドロキノン配合の化粧品の選び方など。

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。