トップページ >  あなたのシミはどのタイプ >  炎症性色素沈着

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着は皮膚が炎症を起こした後その箇所が茶色く色素沈着してしまうタイプのシミです。一般的なシミのようにまるく薄茶色をしていますが、紫外線が原因ではなく、やけどや傷あと、虫刺され、ニキビあとやアトピー性皮膚炎などで肌がひどく炎症を起こすことが原因です。炎症箇所がかゆく、かきむしってしまい皮膚に刺激を与えると、くすんだ茶色の肌になってしまうことがあります。

炎症性色素沈着ができてしまう原因は

やけどや傷あと、ニキビやアトピー、化粧品かぶれなど、皮膚が炎症を起こしたことが原因です。皮膚が刺激を受けたことで活性酸素が発生しその活性酸素がシミの原因であるメラニンを作り出してしまいます。紫外線で長い時間をかけジワジワと炎症が起きたシミと同じように、強力な刺激によって短時間で炎症を起こしシミになります。

炎症性色素沈着ができやすい場所と見かけは?!

にきびや吹き出物の場合は顔や胸、背中などにできやすくなります。刺激を受けるとニキビ跡の赤味が残り、その後茶色からどんどん濃い色に変わっていきます。傷あとなどは、どこにでもできる可能性あり。アトピー性皮膚炎でのシミは、ひじやひざの裏に残りやすいです。紫外線に当たると、濃くなっていくので、注意が必要です。

炎症性色素沈着を消す方法は

炎症性色素沈着には美白化粧品がとても効果的です。炎症性色素沈着によってできたシミは、時間とともに徐々に薄くなり消えていくものと、消えずに色素が沈着してしまうものがあります。初期の段階ではまったく区別がつかないため、なるべく早く美白化粧品を使ってのケアーをしましょう。


軽いものなら簡単にとれるのですが、できてから長時間たってしまったものは美白化粧品を使っても消えるまでに長時間かかってしまいます。 そのため、ニキビや虫刺されなどの炎症が治まったらすぐに美白化粧品を使い始めることをオススメします。炎症がひどく細胞まで刺激を受けてしまったものや、時間がかなり経ってしまったものは消えにくくなってしまいます。


美白成分ハイドロキノンやビタミンCなどが配合されているものが効果的です。皮膚が敏感になっている場合は、肌に優しい、低刺激のスキンケアを選んだほうが良いでしょう。使用前のパッチテストは必須。また、肌のターンオーバーの活性化を促すために、漢方薬などの内服薬を処方するクリニックもあります。メラニンの生成を抑える、アルブチンにも注目。

炎症性色素沈着を予防する方法

紫外線を浴び日焼けをすると悪化する可能性があるので、外出時は長袖の着用,日焼け止めUVクリームをきちんと塗ることが大切。また、美白成分の入った美白化粧品を積極的に使用することもおすすめです。トラネキサム酸やビタミンC、コウジ酸やアルブチンなどが配合されているものを選びましょう。トラネキサム酸は炎症を抑える成分としても有名です。また新陳代謝を活発に整えておくため、日頃の生活習慣も見直しましょう。


の人気ランキング


アンプルール
安定型ハイドロキノン配合。

アスタリフト
美白+保湿のW効果

ビーグレン
ハイドロキノン+ビタミンC


オルビス
美白と美肌にこだわる

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

Copyright © 2010 【最新】美白化粧品 口コミランキング | みんなが選ぶ美白化粧品 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。